Contact us now
+1-888-846-1732

まだローンを完済していない家を売却するなら売却以前にローンの残債を精算し

まだローンを完済していない家を売却するなら、売却以前にローンの残債を精算しなければなりません。

全額なんて到底無理という場合は、ローンの貸主である金融機関と交渉した上で、任意売却を認めてもらうようにします。

個人で任意売却の手続きをするのは難しいことから、弁護士事務所や任意売却を専門に扱う会社などを通して、交渉を行うのが一般的でしょう。

なるべく高値で戸建住宅を売却したいけれど方法が見つからない時には、インターネット上にある不動産の一括査定サービスがお勧めです。

複数の会社から見積りをとり、誠実で頼りになる仲介業者を選ぶことが肝心です。

その後、購入見込みの人が内覧に来る際には広く明るい家という印象を持ってもらえるように清掃して整理整頓に努め、不用品はあらかじめ処分しておくと良いでしょう。

値段交渉になる原因をなるべく売主が作らないようにすると、相場以上の高値で売却できる可能性も高まります。

これまで持っていた不動産物件の売却をしようとする際、買い手側が境界確認書をお願いしてくるかもしれません。

そんな時には、その土地の権利者が立ち会って土地家屋調査士が「土地境界確定測量」を行って、きちんと面積を確定してから、書類を作ります。

なぜこの書類がいることがあるのかといえば、境界線がしっかりとわからないような時、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを回避するためでしょう。

家を売る為には、まず第一に、相場はいくらなのか調べましょう。

売却価格を調べるにはその物件を不動産屋に査定してもらいます。

査定は家に来て行うものだけだと思ってはいませんか。

実は、机上査定とも言われる「簡易査定」と「訪問査定」の二通りです。

簡易査定(机上査定)は築年数や近隣の相場などから行われる査定をいいます。

いわゆる「一括査定」が出来るので最近増えてきているようです。

一方、訪問調査では現地で建物の状況などを確認し、役所調査が必要になるので数日かかります。

それにより信用度の高い査定額が分かります。

近頃増えている太陽光発電システムのある家の場合、売却後はソーラーパネルの扱いが問題になります。

結論から言いますと、ソーラーパネルは新居のほうへ引越しさせることができます。

ただし実際に解体と再設置にかかる費用を考えると結局は諦めるというパターンが多いです。

パネルの耐用年数が残っている場合は名義変更等の手続きが面倒ですが、移転先に適当な設置場所がないケースもあるわけですから、残念ながら放棄するよりないです。

さまざまな都合があって不動産の売却を急いでいる時は、二つの選択肢が考えられます。

まずは直接買取が可能な不動産業者を見つけ、買い取ってもらう方法で、これなら仲介手数料も発生しません。

もう一つは人目に止まるよう売り出し価格を下げてすぐ買い手がつくようにする方法です。

ただ、前者であれ後者であれ売却額は平均をかなり下回るわけですから割り切りも必要ですし、綿密な計算も必要です。

建物や土地など不動産全般に課せられている税金が固定資産税並びに都市計画税です。

家や土地などの所有者は毎年支払う必要があります。

「所有者」とは、1月1日の所有者と規定されており、買い手との売買契約は1月1日以前に成立していても、所有権移転手続きが済んでいない場合は、元の所有者(売り主)が納税しなくてはなりません。

買手に納税義務が生じるのは旧所有者から新所有者に所有権を移転登記した次の年からになります。

白紙解除は、融資利用の特約等が付いた不動産売却契約時に、条件が成立しなかった場合は契約に則った約定解除権が適用されることです。

買主から売主に支払われた手付金は、白紙解除が行われた場合、全て返還する必要があります。

大抵の場合は受け取った通りの金額を返還すれば済みますが、「返還は無利息で行う」という旨が契約書に提示されていない場合、あわせて利息も支払いが求められることがあるので、心に留めておかなければなりません。

日本の木造戸建建築の耐用年数は、税法において20年から22年で、最近の国土交通省の調査によると平均残存年(寿命)は30年弱です。

このような客観的事実から、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、せいぜい100万以下と見積りされるのが普通です。

売却可能な場合でも、正味土地代だけと考えておくほうが無難です。

住宅の売却に要する経費というと、不動産業者への仲介手数料、土地家屋に付帯していた抵当権を抹消する費用、金額に応じた印紙税がかかります。

日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、法律で定められている仲介手数料でもそれなりの額になります。

いっそ自分の手で買手を探して取引すれば、仲介手数料などを払わずに済むと考える人もいますが、高額な取引ですから危うき橋は渡らずで、ここはやはり専門家に頼るべきでしょう。

誰でもネットに接続する環境があれば、土地家屋の売却相場を手軽に確認することは可能ですし、利用しない手はありません。

例えば、国が運営する土地総合情報システムWEBでは、地価公示額のほか、過去に行われた不動産取引の実績から住所、価格・面積・築年などのデータベースを自由に見ることができるのです。

そこで閲覧できない最新の売り出し状況等は不動産物件を集めた情報サイトを見れば一目瞭然ですし、年数や立地などで価格を見てみると市価を想定できます。

一概に不動産を売却するときはリフォームをするものだとは言えません。

と言うより、リフォームに何百万円も費やしたとしたって、売却価格がその分よくなる確証も何もありません。

どうしてもリフォームを行うのだったら、購入希望者が内覧に来たときに目について影響しそうな箇所をメインに行うのが少しでも安く上げられるかもしれません。

それと、開放的で明るい室内を演出するため適宜掃除なども行うとむやみにリフォームする必要はありません。

実際に不動産の査定を行う時は、土地の相場はもちろん、似たような物件がどれだけの価格で売れているのか等を参考にして査定額を決定します。

このような査定基準以外に、その不動産会社だけの特有の査定項目があるために、結果的に査定額が異なります。

算出された査定結果について、不動産会社は明らかにしなければならないと宅建業法が定めています。

提示された査定額について詳しく知りたい時には忘れずに確認してください。

良い不動産屋で不動産売却を行いたいと思ったら、どうやって選べばいいのでしょうか。

まず重要と言えることは、売却する物件とその不動産屋が特化している分野がマッチするかどうかです。

マンションや一戸建てなど不動産屋によって得意分野が違うため、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが肝心です。

それから、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、確かな業者かの参考になるでしょう。

不動産を売却する理由は様々ですが、あまり人には知られたくない場合もあるでしょう。

このような、個人情報を伝えずに物件の査定をしてもらいたいと考えている人が増えたため、今どきは、不動産一括査定サイトの中でも匿名利用が可能なサイトを使う人も珍しくありません。

こうしたサイトが人気になる理由は、査定を受けた後に何度もかかってくる営業の電話や宣伝のDMに煩わされず、きな臭い会社に詳細な個人情報を渡さなくて済むからだと言えるでしょう。

ですが、匿名でできる一括査定サイトの査定結果は、簡易査定の結果となっていることがほとんどです。

ですから、正確な査定結果は期待しないでください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です